不動産売却でちょっと得する情報が満載!

このサイトでは、不動産売却を検討している人が知っておくべき情報を色々と掲載しています。
不動産を売却する際によくある疑問や質問がありますので、それらについても解説します。
住宅ローンが残っている状態で売却を検討するケースも非常に多いのですが、実際にそのような状況で取引をすることが可能なのかについても説明していますし、必要になる書類に関しても記載しています。
今後取引が発生する可能性がある場合には、基本的な情報に目を通しておきましょう。

不動産売却を検討している方必見!不動産を売却する際のよくある疑問・質問に答えます!

不動産売却を検討している方必見!不動産を売却する際のよくある疑問・質問に答えます! 不動産売却では様々な疑問を持つことがあります。
よくあるのが住宅ローンの残債が残っている状態で売ることはできるのかという質問ですが、これは売ることが可能です。
売却時には必要な書類がいくつかありますので、直前になって慌てないようにきちんと用意しておくのがお勧めであり、希望条件についても整理しておくとスムーズです。
査定をどのように行ったら良いのかというのも不動産売却ならではの悩みですが、一般的には複数の不動産会社に依頼することで簡単に比較できます。
最初から一社に絞り込んだ方が手間がかからないと考えるかもしれませんが、それでは満足のいく額で売ることができない可能性が高くなりますし、相場を知ることもできません。

不動産売却における仲介と買取の違いは?どちらを選択すべき?

不動産売却における仲介と買取の違いは?どちらを選択すべき? 不動産売却の方法は、大きく仲介と買取の2種類あります。
仲介とは、不動産会社と媒介契約を締結して買い手を探してもらう方法で、登記や売買契約などの法的な手続きのサポートも受けられます。
より良い条件で売却できる可能性が高いというメリットがありますが、不動産会社に手数料を支払う必要があることに加えて、一から買い手を探すため全ての手続きが完了するまでに時間がかかるという側面があるので注意が必要です。
また、瑕疵担保責任を負うのもデメリットのひとつで、売り手も買い手も気が付かなかった欠陥が後から見つかった場合、売り手側が修繕費用を負担しなければなりません。
一方の買取とは、不動産会社に直接物件を購入してもらう方法です。
直接不動産会社に物件を売却するので、短期間で全ての手続きを完了させることが可能ですが、不動産会社は買い取った物件を再販売するため、リフォーム費用や経費、利益などが買取金額から差し引かれます。
そのため、買取は売却価格が安くなる傾向がありますが、仲介手数料がかからないことに加えて、瑕疵担保責任がないというメリットがあります。
仲介と買取は上記のような違いがありますが、不動産売却にある程度の時間をかけても良いのであれば高額売却の可能性がある仲介がおすすめです。
しかし、買い手が見つからない可能性が高い物件を売却する場合や、早急に物件を売却したいという場合は、買取を選択すると良いでしょう。

不動産売却をしたい場合の基本的な流れとは

長年にわたって住み続けてきたマイホームが転勤や家族構成の変化などで不要となった場合、不動産売却を検討することになります。このような場合の基本的な流れを覚えておくと、いざというときにも大いに役立ちます。まずは個人でもできる努力として、周辺の不動産の相場を知ることが挙げられます。これは民間の不動産情報専門サイトで類似する物件を検索してみてもよいですし、国土交通省の土地総合情報システムと呼ばれるデータベースを探してみるのもよいでしょう。その後はいくつかの不動産会社に連絡して査定を受けます。このとき相場から見ても妥当な範囲で高額査定を付けた不動産会社をピックアップして、正式に媒介契約を結びます。媒介契約とは不動産売却のための広告宣伝その他の作業を不動産会社に一任し、購入希望者との間を取り持ってもらうための契約です。もしも購入希望者が見つかった場合には、具体的な条件などのすり合わせをした後に売買契約を締結し、契約に基づき相手に物件を引き渡して完了となります。

不動産売却に伴う媒介契約の手数料を考慮しておこう

不動産売却は、当事者同士が話し合いを行って取引を進めていくというわけではないという点に課題が存在します。これは、仲介業者という特殊な会社を間に入れて取引を進めていくものだからです。その存在に対する手数料が必要になります。
この手数料は、仲介手数料と呼ばれるもので法律的な上限金額が存在します。どちらか片方が負担しても構いませんが、一般的には折半をしていきます。話し合いの中でどれくらいの負担にするのかということを考えていくことになりますので、不動産売却時の仲介業者に対する手数料は計算に入れておく必要があります。そして、こういった仲介業者とのやり取りで重要になるのが媒介契約と呼ばれるものです。この契約そのものに対しては費用は発生しませんが、成功報酬としてお金を支払うことになるのが一般的です。事前に契約をしていた内容でお金を支払うことになりますので、その内容は精査しておくべきです。内容が分からないのに契約を行ってしまうと、後から余計なコストが生じる可能性も存在しますのでこの点には注意をしなくてはいけません。

不動産売却にも費用がかかるので注意しよう!

家や土地などの不動産を売却する場合、様々な諸費用が発生するので注意が必要です。具体的には、仲介手数料・印紙税・抵当権抹消費・住宅ローン返済手数料・譲渡所得税などがかかります。
仲介手数料は、不動産会社に支払う成功報酬で、売買価格が400万円を超える場合は「売買価格の3%+6万円+消費税」が上限額となっています。印紙税は、売買契約書に対して課税される税金です。金額は売買金額によって変動しますが、数千円から十数万円かかります。
抵当権抹消費と住宅ローン返済手数料は、住宅ローンが残っている場合に発生する費用です。抵当権抹消費は司法書士への手数料を含めて五千円から2万円ほど、住宅ローン返済手数料は1万円から3万円ほどが目安です。譲渡所得税は、不動産売却で利益が発生した際にかかる税金(所得税・住民税)のことです。譲渡所得は、「売買価格-(取得費+譲渡費)」で算出可能で、ここに物件の所有期間に応じた税率を掛けた金額が譲渡取得税となります。税率については、所有期間が5年以下の場合は39.63%、5年を超える場合は20.315%となっています。
また、上記以外にも必要書類の取得費(1通あたり数百円)もかかりますし、引っ越し費・ハウスクリーニング費・建物の解体費・土地の測量費などが発生するケースもあります。そのため、不動産売却を検討する際はどの程度の金額がかかるのかをあらかじめ把握しておくことが大切です。

不動産売却をスムーズに行うポイントについて

不動産売却を自分の希望にそって進めたい場合には、自分に合った方法で不動産を売却することがポイントです。不動産売却をする時には、不動産業者の仲介で主に個人買主へ売却する方法と、不動産業者に買い取ってもらう方法のに種類があります。
仲介の場合は、物件の相場価格を踏まえた価格で売ることが可能です。ただし、個人の買主を見つけることが必要ですので売却期間はスムーズに行ったとしても3〜6ヶ月ほどかかります。高く売れるというメリットが得られる方法です。なるべく早くスムーズに売りたい場合には不動産業者に買い取ってもらうことがおすすめです。短期間で売却することができますが、買取価格は相場価格より7〜8割程度の価格になることが多いとされています。
不動産売却をする際には専門知識が必要な手続きもあるため、なるべく早く売りたい時には売却専門の不動産会社を選ぶことが大事です。専門にしていれば、わからないことをきちんと相談することができ、安心して仲介を任せられます。

不動産売却に適したタイミングを調べて有利な取引を

不動産売却に最適なタイミングを知ることができれば、取引を有利に進められます。忘れてはいけない項目の一つに築年数があり、ある一定の期間を過ぎると価格はどんどん下落します。
必要のない物件の場合にはできるだけ早期に手放した方が、希望の価格に近付けられるのでお勧めです。市場の動向をチェックすることも忘れてはいけません。景気にも左右されますので、不動産売却は景気の先行きを考えながら慎重に進める必要があります。需要と供給のバランスが崩れると売却価格にも大きな違いが生じますが、供給量が増えすぎると本来よりもかなり低い価格帯で取引されることになります。他にも住宅ローンの金利であったり、税金関係の額でタイミングを計ることがあり、それぞれのケースに当てはめてシミュレーションしてみることが大切です。一般的に取引が活発だとされている時期でも高額で売れるとは限りませんので、分からない場合には専門家に相談しながら進めましょう。

不動産売却の詳細

不動産売却を新潟市で